唯だひとつ 永きに弥る ものがたり

ポケモン剣盾における構築記事やメモ落とします。

【S11構築記事】ありがとうモジャンボハピナス。

f:id:mieiyoutube:20210403082900p:plain

 1.構築概要

f:id:mieiyoutube:20201102225314j:plain

コンセプト:モジャンボハピナスによる詰ませ。

基本選出:ポリゴンZ(orガマゲロゲ)+モジャンボハピナス

サブ選出:ガマゲロゲウーラオス悪ポリゴンZorモジャンボorハピナス

2.構築経緯

軸の設定

 シリーズ5と比較して、火力があって安定するDMエースと一致ジェット使いの減少傾向が著しいと感じ、受け2枚@1の選出が強いと考えた。受け2枚の設定には、シーズン10上位で数名が結果を残していたモジャンボハピナスの並びを使うことに決めた。

これらと組むアタッカーには、環境トップのパッチラゴンに対面から勝て、モジャンボが勝てないハチマキウーラオス悪ウーラオス水を上から処理できるスカーフポリゴンZを起用した。

補完

 モジャンボが炎タイプの物理DMに勝てないので、炎タイプにリスクが付けられるガマゲロゲを2枚目のエースとして採用。

 アイアントをはじめとする高火力ポケモンに対して対面選出ができるように、襷枠の中で最もポテンシャルと汎用性が高いと考えられるウーラオス悪を採用。

 モジャンボハピナスが一生勝てないアーマーガアピクシーや、終盤増加したパッチルドンを止めるために輝石レアコイルを採用。

 このようにしてPTが完成した。

3.個体解説

モジャンボ

f:id:mieiyoutube:20201102235357j:plain

実数値 :207(252)-120-194(252)-131(4)-70-63

調整意図:HB特化

 ウーラオスのハチマキインファイト2耐えしてたら100点満点だった。前期、最終1位の方の記事を見たときは、守るも宿り木も残飯もないのに動かせるのか…と思っていたが、4つの技全てが偉かったし、ゴツメも必須アイテムだった。

ハピナス

f:id:mieiyoutube:20201103000952j:plain

実数値 :337(52)-×-68(252)-95-173(140)-83(60)

調整意図:H→16n+1(残飯最大効率)

     S→無振り60族+4

 みがわりが偉すぎた。ゲンガーは数的有利とってTOD。太鼓リザードンは壁アタック壁からスカーフポリゴンZで解決。

ポリゴンZ

f:id:mieiyoutube:20201103002245j:plain

実数値 :161(4)-×-92(12)-205(252)-96(4)-140(236)

調整意図:B→A特化はりきりパッチラゴンの電撃嘴+霰ダメ確定耐え

     C→最大

     S→最速パッチラゴン抜き

     H/D→余り

C+1ポリZの火力が相変わらず半端ない。

臆病にするとウーラオス悪ウーラオス水がトラアタで落ちなくなるので控え目にしていたが、S+1ホルードに抜かれる点が永遠にネックだった。

ガマゲロゲ

f:id:mieiyoutube:20201103004436j:plain

実数値 :179(個体値30)-147(252)-95-×-96(4)-138(252)

調整意図:H→10n-1(珠ダメ最小)

     ASぶっぱ

     D→DL調整

 ハピナスを受けだされることが多々あった為、物理型での採用は成功だった。レンチは跳び跳ねると入れ替えて使っていたが、DMが切れたときに即打点になる点が偉かった。

ウーラオス

f:id:mieiyoutube:20201103004321j:plain

実数値 :175-182(252)-121(4)-×-80-163(252)

調整意図:ASぶっぱ

     B→余り

 カウンターをアイへどくづき挑発にしたかったが、カウンターがないと勝てない試合が多かったので技構成はこれで確定。

レアコイル

f:id:mieiyoutube:20201103004455j:plain

実数値 :157(252)-×-124(68)-177(164)-121(4)-93-(20)

調整意図:HB→陽気ウーラオス悪ウーラオス水インファイト最低乱数以外耐え

     S→準速ドサイドン抜き

     CD→余り    

  最終日前日に入れた補完枠。補完としての役割を遺憾なく発揮してくれた。モジャンボハピナスアーマーガアピクシーの並びに一生勝てない為、選出画面でもサイクルの中でも負荷をかけることができたと思う。一度パッチルドンからダイアースが飛んできて泣いた。

4.苦手な並び

ハチマキウーラオス悪ウーラオス水+物理DMエース

アーマーガアピクシー(アシパ持ち)

ゲンガー(スカトリor挑発+巧み)

両刀ポケモン

他多数

5.総括

 前期、シーズン後半にモジャンボハピナスの並びを試して潜っていたが、最後まで信じきる事ができずに逃げてしまったので、今期は何があっても最後までこの軸で潜り続けようと決めた。満足のいく結果は出せなかった。トップメタではあったが6体としての並びは割と綺麗だったし、使用率が高いポケモンに対しての処理ルートも大分確立できていた方だったと思う。
 結局、それが示唆する事実はといえば自身の通り一辺倒な選出や、俯瞰的な択の考察ができないプレイングのそれであり、シーズンが終わってから深く反省すると共に、改めて真摯な気持ちでこのゲームと向き合わなければいけないという事を痛感させられた。
 それでも、最後まで共に闘ってくれた6匹のポケモンと応援してくださった全ての人への感謝の意を以て、今期の総括とする。

 

最終日最高250位くらい、最終540位

2020年11月4日 みえい